So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

古い自分との別れ [★]

今日、恒例のディクシャ瞑想会があった。

ずっ~と、ずっ~と、ただ、今の自分を見つめていた。

帰ってから、ふと、また、何かのきっかけで思い出した。

死にたい自分が、まだいたことを・・・

ずっ~と、ずっ~と、内側を見ていたら、

それは、小学生の私だった・・・

死にたい・・・

死にたい・・・・

もう、こんな自分は嫌だ・・・

誰も私を見てくれない・・・

誰も私の存在すら無視してる・・・

親でさえも・・・・


そんな思いが浮き上がった・・・・。


そうか・・・

私は・・・・

寂しかったんだ・・・・。


どんなに寂しさを隠して、明るく振舞っても

何故か、心の隅に引っかかる解けない紐のようなものは

小さな私の寂しさだったんだ。


今の私は、あの頃とは違う。

かなりの年もとったし、かなりの経験もある。


でも、でも、何か、言い知れぬ心のわだかまりのようなものがあった。

それは、昔に隠していた寂しさだったんだ。

それが、今になって、ようやく出てきた。


小さな私が、

もう、寂しいと認めていいよ・・・・

と言ってるように・・・。

これに、気づくまで、何年かかったのだろう。


死にたい小さな私は、親に私が生きていることを認めてもらいたくて

私の存在に気づいてもらいたくて・・・


でも、我慢していんだ・・・。


だから・・・

小さな私は考えたんだ・・・。


私が死ねば、私という存在がいたってことに気づくだろうと・・・。

だから、私は、死というものに、恋焦がれていたんだ・・・・・・。


ディクシャは、今まで気づかなかったことを気づかせてくれる聖なるエネルギー

時には、辛い過去も浮き出てくる。

でも、それをクリアしないと、次へのステップには進めない・・・。


親や、周りや、環境からの、

想念、概念、観念、思い込み、刷り込み、植え付け、思考形態、信念形態・・・


これらは、観念浄化で、はっきりと教わったこと。


今まで、もろもろ勉強してきたことと、自分の体験を交えて

初めて、気づかされる、忘れてしまったかのような

思いの底にある、気づけない、ほどけない記憶・・・・。


それが、今になって浮き上がってきた・・・。


良かった・・。来世まで持ち越さなくて・・・・。


これで、また、ひとつクリア出来る。


私の歩みは、亀さんのように遅いけど、


誰と比べるものではない。


私は、私の歩みを、着々と進んでいく。


=====================================



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。